*Happy LIFE*

はる的ハッピーライフな絵日記

なんでもない普通のことが本当の幸せだったりするもんなのです。
まぁいいじゃん。焦らず行こうよ♪
<< 割と冷静 | main | 冬こそ黒蜜トリートメントでツヤサラ☆ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
春の七草で元気元気♪


あっという間に1月も1週間が過ぎてもう7日ですね
調べたら1月7日に「七草粥」を食べると邪気が祓われ無病息災でいられると言われているようです。
この習慣は平安時代からのものらしいんだけど、すごいですよねぇ!
平安時代ですよ平安時代!光源氏が色恋にうつつをぬかしている時からの習慣が
今、現代もにもまだ続いているなんて。。。よくよく考えてみるとスゴイよなぁ〜
きっと大体の人は「七草粥」を食べる意味なんて知らないんじゃないかな?
現に私は七草粥はお正月に暴飲暴食をして疲れた胃を休める意味で
お粥を食べることなのかと思ってました。。。^^;
邪気を祓って無病息災を願うことだなんて知らなかったわぁ〜
って、私だけ?えっ?(笑)

七草というだけに七種類の植物をお粥に入れて頂くわけですが
それぞれに体にやさしい効果があります。

【せり】消化を助ける効果があります
 *田んぼのアゼなど湿った場所に生えるようです。そういえば子供の頃摘んだ覚えがあります。

【なずな】視力に良いようです。目が良くなるのね
 *なずなは別名ぺんぺん草だそうです。今まで知りませんでしたよ。。。ただの雑草かと思ってました。ぺんぺん草。しかも目に良いとは。。。恐るべし

【ごぎょう】吐き気や解熱に効果があります
 *キク科の越年草とのこと。黄色い小さな花が咲くみたいですね

【はこべら】歯槽膿漏に良くて利尿作用の効果があります
 *はこべらは別名「はこべ」です。うさぎが大好きなあのはこべですね。よく学校へ行く途中に、はこべを摘んでうさぎにあげてました(笑)あ。だからウサギは歯が強いのかな?ちがうか(笑)

【ほとけのざ】歯痛に効果があります
 *仏様の円座に似ているから「仏の座」と言うらしいのですが、春の七草に使われるこの「ほとけのざ」は本当は「田平子(たびらこ)」というものらしいです。
  よく知られている「仏の座」(しそ科)のものとは全く違うものみたいです。

【すずな】消化促進、しもやけ、そばかすに効果があります
 *これはみんなが知っている「カブ」の昔の呼び方みたいです

【すずしろ】咳止め、神経痛に効果があります *これもみんなが知っている「大根」の昔の呼び方。

と、ざっと効果をあげて見ました。何でもない草花にこれだけの効果があるとは
昔の人の知恵ってすごいですよね♪

最近では花屋さんとかに小さな鉢にこの七草を寄せ植えしたものが置いてあったり
スーパーには七草粥セットなんかもあります。
でも、一度は野山に出かけてこの七草たちを摘みに出かけてみるのも良いかもしれないな^0^
| はる | 美と健康へのそんな野望とか | 02:07 | comments(2) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 02:07 | - | - |
春の七草のイラストが可愛い(^^)

しかし、すごいですね、雑草だと思っていた物まで、
素晴らしい効果があるんですね。
ぺんぺん草…最近見ないな。

野山に出かけて、こういうのを摘むのって楽しそうですね。
山菜とかもとってみたい(>▽<)
| たま | 2006/01/07 10:00 PM |
♪♪たまさん♪♪

ホント、せりとカブと大根以外はタダの草だと思ってましたよ
ぺんぺん草なんかモロだよね(笑)

| はる | 2006/01/07 11:47 PM |









http://happyharu.jugem.jp/trackback/65
七草かゆ食べたよ♪
七草つながり☆
| 里山暮らしのコーギー犬「バロン」の日々 | 2006/01/08 9:50 PM |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>


tuna.beが表示されない場合は
こちらから最新のFlashPlayerを
ダウンロードして頂くことを
オススメします(Free)


小春さんをクリックすると
なんかシャベリます♪
特技はゴロ寝なの。

紹介日記はこちら

記憶の中の色彩―忘れかけていた想い出
記憶の中の色彩―忘れかけていた想い出 (JUGEMレビュー »)
鈴木 純

詩や手紙や文章を書くのが好きな母が
書き溜めたものが出版されました。
幼い頃過ごした故郷秋田での想い出を
小さな女の子だった時の母の目線で
秋田弁を交えて綴ったエッセイです。

戦後日本の復興と発展の中を生きてきた著者が振り返る、
生まれてから15年間過ごした故郷での想い出。
裕福ではないが、家族の温かみと幸せがそこにあった。
迷える現代人にこそ読んでもらいたい一冊。
【日本文学館内容紹介文より】
あの幼少の頃の想い出の紐を手繰ってみると、
いろんな思いが蘇ってくる。
そんな思いを懐かしく、また、貴重な体験として
今一度、自分の故郷を思い返してみよう。
【本書帯文より】

このページの先頭へ