*Happy LIFE*

はる的ハッピーライフな絵日記

なんでもない普通のことが本当の幸せだったりするもんなのです。
まぁいいじゃん。焦らず行こうよ♪
<< 何を考えているヾ(。`Д´。)ノ | main | 癒されたい? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
通る道?


今日はカラリと晴れてとっても気持ちいい日でしたぁ〜
を通り越して暑かった(〃゚д゚;A
もう、夏だねこりゃ。

そろそろストーブ仕舞って(←まだ出てる)扇風機出動しなくちゃ

やっぱり扇風機だしたら、アレだね。
アレをやらなくちゃ始まりませんヨ

さあ、みなさん ご一緒に
扇風機のスイッチを入れて

「あ”〜〜〜〜〜」
| はる | ひびのこと | 00:29 | comments(8) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:29 | - | - |
ぷぷぷ。
これって絶対にやっちゃいますよね!
アイス食べながらやったりしませんか?
あまりに夢中になっちゃって(ならない?)アイスが溶けちゃったり(^^;
夏の風物詩ですね♪
もうそういう時期なんですね。
| たま | 2006/05/22 10:42 PM |
風呂上がりに扇風機前に立ち

「たんたんタヌキの…。」

と歌いながら風を感じていた頃が懐かしい…
今はもっぱらクーラーですねぇ
| 雷蒼 | 2006/05/23 12:41 AM |
うちのダーリンは「足の裏」が暑くなると
(そういう感覚が珍しいと思うんだけど)
横たわり、足の裏にだけに扇風機を当てて寝ます。

いまだに意味不明・・・・。
そのキモチが分かる方いらっしゃるかしら。

あ!今思い出したけど、扇風機去年の秋に売っちゃってないんだわ!(デザイン性を重視したら機能性ゼロで夫婦してキレた)
買わなきゃ!!
| hiro | 2006/05/23 6:00 PM |
やります、やります(笑)
しかも、より「あ”ーーー」ってなるポイントを
探したりして_(^^;)ゞ
| poko | 2006/05/24 9:57 PM |
♪♪たまちゃん♪♪

やるやるアイス持って夢中になりすぎて
ボテッて落ちちゃうの(笑)
これぞ日本の風物詩?(*'ー'*)
| はる | 2006/05/31 12:35 AM |
♪♪雷蒼さん♪♪

たんたんたぬきねぇ〜(≧▽≦)
なんとなくやってみたいような。。。(笑)

私はエアコンよりも扇風機派かな?(笑)
| はる | 2006/05/31 12:37 AM |
♪♪hiroさん♪♪

(゚∇゚)ノハイご主人の気持ちわかります(笑)
私も足だけ暑くて眠れない時があります〜〜
もともと冷え性で足が冷たくて眠れないと言うのは
冬場よくあるんだけれども
時々足だけ暑いのでお布団から足だけだして寝ること
ありますです。(≧▽≦)

デザイン性重視すると機能が追いついていないのって
ありますねー 特に家電。
この前ニワトリが先かタマゴが先かという長年の
疑問に結論が出たそうですが
はてさて、デザインが先か機能が先か。。。
使えない家電はいらないけれど、あんまりイカさない物も
置きたくないし。。。
悩むなぁ〜〜
| はる | 2006/05/31 12:44 AM |
♪♪pokoさん♪♪

むふふ
外側からやや中央に寄ったところが、結構「あ”〜〜」な
ポイントだったりしません?(笑)
| はる | 2006/05/31 12:46 AM |









http://happyharu.jugem.jp/trackback/110
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/05/22 12:54 AM |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>


tuna.beが表示されない場合は
こちらから最新のFlashPlayerを
ダウンロードして頂くことを
オススメします(Free)


小春さんをクリックすると
なんかシャベリます♪
特技はゴロ寝なの。

紹介日記はこちら

記憶の中の色彩―忘れかけていた想い出
記憶の中の色彩―忘れかけていた想い出 (JUGEMレビュー »)
鈴木 純

詩や手紙や文章を書くのが好きな母が
書き溜めたものが出版されました。
幼い頃過ごした故郷秋田での想い出を
小さな女の子だった時の母の目線で
秋田弁を交えて綴ったエッセイです。

戦後日本の復興と発展の中を生きてきた著者が振り返る、
生まれてから15年間過ごした故郷での想い出。
裕福ではないが、家族の温かみと幸せがそこにあった。
迷える現代人にこそ読んでもらいたい一冊。
【日本文学館内容紹介文より】
あの幼少の頃の想い出の紐を手繰ってみると、
いろんな思いが蘇ってくる。
そんな思いを懐かしく、また、貴重な体験として
今一度、自分の故郷を思い返してみよう。
【本書帯文より】

このページの先頭へ