*Happy LIFE*

はる的ハッピーライフな絵日記

なんでもない普通のことが本当の幸せだったりするもんなのです。
まぁいいじゃん。焦らず行こうよ♪
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
デビューしました
私じゃありません。
母が出版デビューしました

昔から文章を書いたりするのが好きで
ちょこちょこと投稿などをしていたようなんですが
今回その投稿が出版社の方の目に入り
この度本を出版することになりました
本を出す事は母の長年の夢でもあったようで
還暦を向かえ、やっと夢を実現させることが出来ました
身内の宣伝で気恥ずかしくもありますが
今回ここで紹介させていただきます(*'ー'*)



記憶の中の色彩(いろ)―忘れかけていた想い出
鈴木 純 著


秋田で生まれ育って上京するまでの15年間のまだ小さな女の子だった
母の目から見た温かい家族と自然と共存する人々の姿がここに詰まっています。
15歳で故郷を後にして上京してきて45年間。いろんな事があったでしょう。
両親や兄弟、友人との永遠の別れ。そんな哀しい別れを繰り返す度に
故郷が遠く感じるようになってきていると母は書いています。
還暦と言うひとつの節目を迎えた今、改めて子供時代を振り返ってみて
決して裕福でもなく物が豊富な時代でもなかったけれど、心豊かに育った頃を
懐かしく思い、母の記憶の中の鮮明な色彩(いろ)として綴っています
時代は変わって飽食の時代だと言われ、何も不自由なく暮らしている反面
色々な環境問題や、家族の在り方を問われる今日。
私たちはどうして行けばいいのだろうかと言う答えのヒントがここにあるような気がします。
そういう当の娘の私も長いこと家族をほったらかしにしていることに
改めて反省です^^;

最後に
「皆さんも、きっと、こんな時代があった事、思い出してみたら忘れかけていた
懐かしさがきっと蘇ってくるはずです。
一寸、そんな時間に浸ってみては如何でしょうか?
少し”ゆるやかに”少し”おだやかに”。。。。」

【まえがきより】


もし、よろしければ一度ご一読お願いします♪




【 お ま け 】


しっかり者。。。

| はる | 母の本 | 03:19 | comments(11) | trackbacks(0) |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>


tuna.beが表示されない場合は
こちらから最新のFlashPlayerを
ダウンロードして頂くことを
オススメします(Free)


小春さんをクリックすると
なんかシャベリます♪
特技はゴロ寝なの。

紹介日記はこちら

記憶の中の色彩―忘れかけていた想い出
記憶の中の色彩―忘れかけていた想い出 (JUGEMレビュー »)
鈴木 純

詩や手紙や文章を書くのが好きな母が
書き溜めたものが出版されました。
幼い頃過ごした故郷秋田での想い出を
小さな女の子だった時の母の目線で
秋田弁を交えて綴ったエッセイです。

戦後日本の復興と発展の中を生きてきた著者が振り返る、
生まれてから15年間過ごした故郷での想い出。
裕福ではないが、家族の温かみと幸せがそこにあった。
迷える現代人にこそ読んでもらいたい一冊。
【日本文学館内容紹介文より】
あの幼少の頃の想い出の紐を手繰ってみると、
いろんな思いが蘇ってくる。
そんな思いを懐かしく、また、貴重な体験として
今一度、自分の故郷を思い返してみよう。
【本書帯文より】

このページの先頭へ