*Happy LIFE*

はる的ハッピーライフな絵日記

なんでもない普通のことが本当の幸せだったりするもんなのです。
まぁいいじゃん。焦らず行こうよ♪
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
かなりキクぅーーー


足の疲れにはこれ!すごく効きます
普段縮こまっている足の指をぐぐぐぅ〜〜〜っと
もう無理!ってくらい開きます
慣れないと最初痛いんだけれども
この、痛さが何故か痛気持ちいい(≧▽≦)
家にいるときにこれをつけて歩き回ったり(最初は本当に痛いです)
防水になっているからお風呂にもこのまま着けた状態で入れます
刺激されて足の血行がよくなっているのか足が軽くなって
かなり病みつき(笑)
実は10何年も前から使っていて、旅行なんかで歩き回ったときは
旅先でこれで足の疲れを回復したりしていました。私にとっては必需品!
何回か引っ越したりして今手元になかったので
今回新しく新調してみました(*'ー'*)
久々に使ってみて

あぁ〜〜効くゥ〜〜〜〜

↓ネーミングもかわいい(笑)
| はる | 美と健康へのそんな野望とか | 00:37 | comments(17) | trackbacks(1) |
米ぬかでツルツル♪


もう春ですねぇ〜
少しずつ服装も軽やかになって外に出る機会も
ちょっと増えてきました(笑)
いや、もうね
「カンちゃん寒いのは苦手でごじゃる」ですわ(ハクション大魔王風 ふるっ)
↑本当は算数が苦手なんだけどね魔王は。ってそんなこと、いいか。

春はね〜暖かくなって花も咲き始めていいんですが
花粉がねぇ〜花粉。ヤレヤレ。
花粉のせいで肌もカサカサかゆかゆです><

で、「あぁ〜同じぃ〜〜」と言う方にちょっとだけ朗報?ですo(*^▽^*)o~♪

前に手作りパックのことを書きましたが
もっと手軽な方法を見つけました。
ものすごく簡単で、しかもツルツルしっとりになります♪
顔はもちろん体全身にも使えて、肌の弱い人とかアレルギー体質の人でも
安心して使用できますよ


用意するもの

米ぬか!バキューン

以上です(*'ー'*)b

米ぬかには40種類以上の成分が含まれていて特にビタミンB群、ビタミンEやミネラルそして食物繊維が豊富に含まれているそうです
さらに脂肪分のオリザオイルと言う適度な油分がお肌をすべすべにしてくれるとか。
このビタミンB群、ビタミンEは美肌効果の他に血液の循環を良くするため
冷え性の人にも効果的です

では、

星星入浴剤編星星

目の細かいガーゼに米ぬか大さじ5杯位を入れて
浴槽に入れるだけ。
あとは、お風呂の中でモミモミして成分を揉み出してあげます
ガーゼが無い時はお茶などを入れる袋に入れてもいいですよ
私はお茶袋派です♪
一月ほど続けていると肌がほんのり白くなってしっとりしてきます
湯上り後もホカホカが長続きしている気がします。


星星米ぬかスクラブ編星星

大さじ1杯位の米ぬかに水かお湯を入れて泥状にします
ドロドロになった米ぬかペーストを洗顔の後に
直接顔に塗りたくって、軽くマッサージをするようにします
力が強すぎると肌にダメージを与えるので、やさしくマッサージ♪
あとは、洗い流して終わり。
米ぬかのわずかなツブツブがスクラブの代わりになって
角質などを取り除いている感じがします。
そしてその取り除いた後を油分で保湿している様なのでしっとり。
香料とか着色料や洗剤に相当する余計な成分が入っていない分
安心して使えるし、何と言っても本当にツルツルになりますよ。


この方法をやってみてからカサカサした感じがなくなった気がします
次の日の朝の化粧ののりも違います(笑)

この米ぬか、200円も出せば、かなりの量が手に入ります
そして、とても肌や体にやさしくて効果的。
実はスキンケアの優等生だったりするのですo(*^▽^*)o~♪
しかしこれでアレルギーが治ったりはしませんが、ダメージを受けた肌への
補助として使ってみてはいかがでしょうか☆






| はる | 美と健康へのそんな野望とか | 23:51 | comments(6) | trackbacks(0) |
若さを吸収


本日我が家で鍋パーティーをしました。
なんと平均年齢20歳くらい!
こんなこと滅多にないので若さを存分に吸収。



って私は妖怪か?Σ(゚□゚ノ)ノ(笑)
| はる | 美と健康へのそんな野望とか | 01:00 | comments(4) | trackbacks(0) |
手作りパック
なんだか肌が乾燥してガサガサしてきたので
家の中にある有り物で肌に良さそうなものを適当に
ブレンドして手作りパックを作ってみました。
私は大抵の化粧品はつけてもヒリヒリするので
自作のパックを作って試してみると言うことは
かなりの冒険です。とりあえず下記の分量を調合。



米ぬか・・・・・大さじ1【保湿+美白】

ローズヒップティー(粉末)・・・・・大さじ1/2
(高価なのでちょっとケチった(笑))【ビタミン補給】

精製水・・・・・大さじ1【のびをよくする為】

グリセリン・・・・・大さじ1【保湿】

黒蜜・・・・・大さじ1【保湿】

保湿重視の材料ですな。
見た目はひどい色です。かなり。たらーっ


アップして気付いたけれど、↑オデコせまっΣ(゚□゚ノ)ノ
まあいいや(笑)


んで、塗ってみた。
ヒリヒリはしないみたいです。
10分ほど放置。グリセリンと黒蜜が入っているので乾いて
ガビガビにはなりませんでした。
でも、若干塗った瞬間よりは硬めになるかも。
言っておきますが、この時間は誰にも見せられません(笑)
10分たったら洗い流します。

か、かなりイイ!!!Σ(゚□゚ノ)ノ我ながらビックリするほど
すべすべモチモチですラブラブ
もう、洗い流している時から肌の感じが違いますo(*^▽^*)o~♪

いやぁ〜〜〜すごいね〜〜適当に作ったパックがこんなに良いとは。
この分量だとたっぷり塗って2回分は出来るので
余ったら蓋をして冷蔵庫で保管して翌日使っても問題無しでした。
いつまで保管できるかは試してないので不明ですが
防腐剤とかが入ってないので早めの使用の方が安心ですね。

興味があったら試してみてください(自己責任で(笑))
ただし、あくまでも素人が考えたレシピなので
体質や個人差なども考慮して少しでも違和感があったら
速攻中止してくださいね。

とりあえず私はスベスベになったので大満足(・∀・)


| はる | 美と健康へのそんな野望とか | 02:03 | comments(2) | trackbacks(0) |
運動不足なもんでね。。。


バランスボール買いました。ポンプ付きで1000円だったもんで。

ついでにいつも座りっぱなしだし、運動不足なもんだから

こりゃいいやと言うことで仕事の時の椅子としても使ってみました。

見事に真後ろにコケタ。Σ( ̄□ ̄||)

誰かいればギャグで笑い飛ばせるのに

誰もいなくてもったいなかった。イヤ、情けなかったよ。。。

むぅ〜   
| はる | 美と健康へのそんな野望とか | 04:55 | comments(8) | trackbacks(0) |
冬こそ黒蜜トリートメントでツヤサラ☆


今ですねぇ〜手作り石鹸に興味があっていつかは作ってみたいと思っているところに
前田 京子さんの「お風呂の愉しみ」という本に出会いました。
体に優しい、本当に良い石鹸のことをとっても研究されていて
写真は少ないですが石鹸を始めボディーケアにまつわるエピソードや
それぞれのレシピがとてもわかりやすく書かれています。
レシピ本としてももちろん参考になりますがエッセイとしても十分に
楽しめて、今私はこの本をお風呂に持ち込んで読ませてもらっています♪
(私は長風呂で、お風呂でよく読書をします(笑))
時間が出来たら是非手作り石鹸とか手作りコスメに挑戦してみたいです!!

お風呂の愉しみ
お風呂の愉しみ

と、本題の黒蜜です黒蜜!!
この黒蜜トリートメントは「お風呂の愉しみ」に書いてあったんですが
黒蜜でトリートメントをするとびっくりするほど髪がツヤツヤになるということで、まずはこれから試してみました。
黒蜜には保湿の効果があって、昔の人はよく黒蜜を使っていたみたいで
欧米では昔から黒髪に素晴らしいツヤを与えることで知られているそうです。
前の「春の七草」のところでも書きましたが、昔の人の知恵ってスゴイよなぁ〜(・∀・)
それで、速攻スーパーで黒蜜を買って来ました。いつにも無い早業です(笑)

方法はとっても簡単☆

1)最初に髪をぬらします

2)黒蜜をそのまま手にとって地肌と髪によくなじませる
  (私はロングヘアーなので手のひらに直径3cmくらいを3回で使ってます。乾燥が気になるときは多めに)

3)タオルを巻いてしばらくおきます
  (この時に体を洗ったり他の事をします。私は歯磨き)

4)あとは普通に洗髪、リンスをしてよく流します


これだけです^0^

本当に1度やってみただけで、しっとりツヤツヤですよ(≧▽≦)
私はくせっ毛で髪が細く腰がない髪質なのでブローの時は本当に手を焼いていました^^;
でも黒蜜でトリートメントをしてみたら、すごくサラサラツヤツヤでまとまりも良くなったです♪
乾燥するこの時期もボサボサしてない!すごいよ!黒蜜っ!えらいよ!黒蜜!
これは真面目にオススメします^^黒蜜自体とってもお安いですし♪

プラス自家製の質の良い石鹸で洗髪すると、このヘアートリートメントも
必要なくなるとか。益々もって石鹸つくらなくては☆
| はる | 美と健康へのそんな野望とか | 22:37 | comments(11) | trackbacks(0) |
春の七草で元気元気♪


あっという間に1月も1週間が過ぎてもう7日ですね
調べたら1月7日に「七草粥」を食べると邪気が祓われ無病息災でいられると言われているようです。
この習慣は平安時代からのものらしいんだけど、すごいですよねぇ!
平安時代ですよ平安時代!光源氏が色恋にうつつをぬかしている時からの習慣が
今、現代もにもまだ続いているなんて。。。よくよく考えてみるとスゴイよなぁ〜
きっと大体の人は「七草粥」を食べる意味なんて知らないんじゃないかな?
現に私は七草粥はお正月に暴飲暴食をして疲れた胃を休める意味で
お粥を食べることなのかと思ってました。。。^^;
邪気を祓って無病息災を願うことだなんて知らなかったわぁ〜
って、私だけ?えっ?(笑)

七草というだけに七種類の植物をお粥に入れて頂くわけですが
それぞれに体にやさしい効果があります。

【せり】消化を助ける効果があります
 *田んぼのアゼなど湿った場所に生えるようです。そういえば子供の頃摘んだ覚えがあります。

【なずな】視力に良いようです。目が良くなるのね
 *なずなは別名ぺんぺん草だそうです。今まで知りませんでしたよ。。。ただの雑草かと思ってました。ぺんぺん草。しかも目に良いとは。。。恐るべし

【ごぎょう】吐き気や解熱に効果があります
 *キク科の越年草とのこと。黄色い小さな花が咲くみたいですね

【はこべら】歯槽膿漏に良くて利尿作用の効果があります
 *はこべらは別名「はこべ」です。うさぎが大好きなあのはこべですね。よく学校へ行く途中に、はこべを摘んでうさぎにあげてました(笑)あ。だからウサギは歯が強いのかな?ちがうか(笑)

【ほとけのざ】歯痛に効果があります
 *仏様の円座に似ているから「仏の座」と言うらしいのですが、春の七草に使われるこの「ほとけのざ」は本当は「田平子(たびらこ)」というものらしいです。
  よく知られている「仏の座」(しそ科)のものとは全く違うものみたいです。

【すずな】消化促進、しもやけ、そばかすに効果があります
 *これはみんなが知っている「カブ」の昔の呼び方みたいです

【すずしろ】咳止め、神経痛に効果があります *これもみんなが知っている「大根」の昔の呼び方。

と、ざっと効果をあげて見ました。何でもない草花にこれだけの効果があるとは
昔の人の知恵ってすごいですよね♪

最近では花屋さんとかに小さな鉢にこの七草を寄せ植えしたものが置いてあったり
スーパーには七草粥セットなんかもあります。
でも、一度は野山に出かけてこの七草たちを摘みに出かけてみるのも良いかもしれないな^0^
| はる | 美と健康へのそんな野望とか | 02:07 | comments(2) | trackbacks(1) |
まつ毛がグングン伸びる!!!という実験


ネットで噂になっている、まつ毛がグングン伸びる方法。
最初見たときはえ〜〜ホントかねぇ〜と思っていたんですが。。。
結果!先に言います。

本当でした!(≧▽≦)

用意するもの:『ヴァセリン』コレだけです

方法は、寝る前にヴァセリンを まつげに(根元まで)つけて
そのまま寝るだけ。いたってシンプル(*`д´)b
指に残ったヴァセリンは唇につけてもOKです。

これだけでまつげが伸びるんです!
少なくても私は伸びましたぁ〜
メガネをかけるとレンズにまつ毛が当たるくらい!

オォォォ〜スゲェェェ〜〜!!!!

| はる | 美と健康へのそんな野望とか | 17:38 | comments(9) | trackbacks(4) |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>


tuna.beが表示されない場合は
こちらから最新のFlashPlayerを
ダウンロードして頂くことを
オススメします(Free)


小春さんをクリックすると
なんかシャベリます♪
特技はゴロ寝なの。

紹介日記はこちら

記憶の中の色彩―忘れかけていた想い出
記憶の中の色彩―忘れかけていた想い出 (JUGEMレビュー »)
鈴木 純

詩や手紙や文章を書くのが好きな母が
書き溜めたものが出版されました。
幼い頃過ごした故郷秋田での想い出を
小さな女の子だった時の母の目線で
秋田弁を交えて綴ったエッセイです。

戦後日本の復興と発展の中を生きてきた著者が振り返る、
生まれてから15年間過ごした故郷での想い出。
裕福ではないが、家族の温かみと幸せがそこにあった。
迷える現代人にこそ読んでもらいたい一冊。
【日本文学館内容紹介文より】
あの幼少の頃の想い出の紐を手繰ってみると、
いろんな思いが蘇ってくる。
そんな思いを懐かしく、また、貴重な体験として
今一度、自分の故郷を思い返してみよう。
【本書帯文より】

このページの先頭へ