*Happy LIFE*

はる的ハッピーライフな絵日記

なんでもない普通のことが本当の幸せだったりするもんなのです。
まぁいいじゃん。焦らず行こうよ♪
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
白夜行って


白夜行の原作を読みました。
ドラマの方は先日最終回となりましたが
私は原作を読む前に第2回を観てしまい、読み終わった後に最終回だけ見てしまいました
正直言って2回目を観たのは失敗しました(笑)
ドラマはドラマでとても話題になっていたし良く出来たものになっているとは思います。
現に最終回は固まって見入ってしまった(笑)
けれど出来たら最初に何の先入観も無く原作を先に読むことをお勧めします。
(ドラマが終わってしまった今となっては後の祭りだけど(笑))
とにかく読み終わって、しばらく動けなかった。
そしてまた最初から読み返してみた。
率直に言ってこの作品は傑作だと思います。
ネタばれになるのであまり多くは書きませんが
ドラマでは主人公になる亮司と雪穂が物語を語っていたようですが
原作では彼らの心の内は一切書かれていません。
全て他人から見た彼らとして物語は進められています。
多くの点がひとつの線になる展開はスリリングでもあり
ジワジワと心の底に来るものもあります。
次にどうなる?マジで?はっ!そうか!そういう事か!と言う具合に
結構分厚い本だけれども一気に読んでしまいました。
ただし寝不足覚悟ですラブ

昔、アンドレがオスカルに「君は光〜僕は影〜♪離れられない二人の絆〜」と歌ってましたね
(え?知らない?知らない人はお母さんに聞いてね)
読んでいる間にこの歌がBGMになってました(笑)

何度も言いますが
白夜行って傑作です


白夜行
白夜行
東野 圭吾
| はる | 本とか映画とか | 00:15 | comments(4) | trackbacks(0) |
働く猫に萌え〜

ここで明かしますが、私、猫好きです(≧▽≦)♪
やわらかくて、あのフワフワふにゃふにゃしたところなんかたまりませんわ〜てれちゃう
実家でも子供の頃からず〜〜〜っと切れずに猫を飼っています
今いる猫はもう18歳を越えてまして長寿猫として何回か表彰されました拍手
さて、常々思っているんですが、もしも家の猫が言葉を喋れたら。。。
かわいさ余って憎さ百倍。多分毎日喧嘩でしょうね(笑)というか、やっていけないね。
どっちもプライド高いし気まぐれだから(〃゚▽゚;A
両方自分が上だと思っているし、お互いに「バカ女め」とか言うでしょう(笑)たぶん。(言葉にしなくても時々そういう目で見ていることがある気もするんですが。。。)
でもまぁプライドが高くて気まぐれで個人主義のところが猫の魅力でもあるんですけどね。(会話が出来たら別の話ね。実際こんなヤツとは同居できないw)
と言う訳で下の二冊に出てくる猫二匹は、けなげに良く働きます。猫の鑑です(笑)
こんな猫がいたら、ペット禁止の今の家でもこっそり飼うこと間違いなしなのだ〜♪
というか、逆に飼われてるって表現の方が近いかも。。。

きょうの猫村さん
きょうの猫村さん猫が家政婦やってます(笑)昔捨てられていた猫村ねこ(主人公の猫)を拾ってくれた坊ちゃんとツライ別れを経験して、また坊ちゃんに会うために家政婦として働き出します。元は普通の猫だった猫村さんですが、訓練に訓練を重ねて人間顔負けの家事をこなします。完璧ながらも時々見せる猫の性。そしておばさんキャラ。どうしてもエプロンの紐が立て結びになってしまうところが笑えます。猫を飼ったことがある人はさらに楽しく読めると思います♪笑える中にもホロリとさせる場面もあってとっても気になる一冊です。失礼ながらとても上手な絵とは言えない気がしますが、かなり味があって読ませます。この作者ただ者じゃない!続巻が待ち遠しい!!
きょうの猫村さん相関図


ユキポンのお仕事
ユキポンのお仕事飼い主のあけみちゃんは、お金にも時間にもお酒にも男にも全てにおいてルーズな甲斐性なしです。そんなあけみちゃんの面倒をみるべく主人公ユキポンは日々数々のアルバイトをして助けます。これがもうけなげに良く働く働く。。。出来た猫です。世界一猫らしくない猫かもしれません(笑)このユキポンを取り巻くほかのキャラクターたちも個性的でとういか変なのがいっぱい出てきます。ユキポンの怪しいバイトも本当に笑えます♪今10巻まで出ていますが、久しぶりに購入したため6,7巻をダブって買ってしまったのはかなり不覚。(笑)
| はる | 本とか映画とか | 01:18 | comments(6) | trackbacks(0) |
宇宙戦争?


宇宙戦争レンタル開始されましたー
早速レンタルして観ましたよぉ

私が借りたところはレンタルするともれなく
ipod nanoが当たるかもしれないという抽選の権利がもらえる!
当然「はずれ」たけど。。。

それはさて置き。

ん〜〜この映画どうなの?(笑)
まぁ賛否両論あるでしょうなぁ〜(゚ー゚;)

あっでも面白いところ一箇所あった!

地下室で身を潜めているときに
宇宙人(?)が偵察に来るんだけど
それに見つからないように狭い部屋を
あっち行ったりこっち行ったり。。。

まるでドリフの追いかけっこコントみたいで笑った
当然心の中で叫んだよ

志村うしろぉぉぉ!!!ヾ(。`Д´。)ノ
| はる | 本とか映画とか | 17:23 | comments(2) | trackbacks(0) |
とんでもない男だ!


梁石日(ヤンソギル)原作の「血と骨」読みました。すっごい面白かった!!
同時に内容の濃さにかなり疲労した。。。でも、文庫本で上下巻一気に読んでしまった。
主人公「金俊平」 の 超 強烈なキャラ。金と暴力と性。親と子、妻と夫のいびつな関係。
在日朝鮮人社会の中の人間像。。。内容は濃くて重たいのに目が離せない!

作者の実の父がモデルということでリアリティ100%
読んでる間主人公へ対してかなり嫌悪感をもって読んでいたけれど、終盤に向かって何か
考えさせるものがあった。

去年、ビートたけし主演で映画化されたみたいだけど、 ビートたけし=金俊平 は
モロはまり役だと思います。てか、ビートたけししか思い浮かばないw

しかし、あれだ。。。 とんでもない男だ!
| はる | 本とか映画とか | 02:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
マジっすか!!!
24 TWENTY FOUR にはまり中。(シーズン機

ナゼニ アナタマデ。。。 サイショカラ シンジテイタノニ。。。

こうなったら 全員が疑わしい。。。

| はる | 本とか映画とか | 02:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>


tuna.beが表示されない場合は
こちらから最新のFlashPlayerを
ダウンロードして頂くことを
オススメします(Free)


小春さんをクリックすると
なんかシャベリます♪
特技はゴロ寝なの。

紹介日記はこちら

記憶の中の色彩―忘れかけていた想い出
記憶の中の色彩―忘れかけていた想い出 (JUGEMレビュー »)
鈴木 純

詩や手紙や文章を書くのが好きな母が
書き溜めたものが出版されました。
幼い頃過ごした故郷秋田での想い出を
小さな女の子だった時の母の目線で
秋田弁を交えて綴ったエッセイです。

戦後日本の復興と発展の中を生きてきた著者が振り返る、
生まれてから15年間過ごした故郷での想い出。
裕福ではないが、家族の温かみと幸せがそこにあった。
迷える現代人にこそ読んでもらいたい一冊。
【日本文学館内容紹介文より】
あの幼少の頃の想い出の紐を手繰ってみると、
いろんな思いが蘇ってくる。
そんな思いを懐かしく、また、貴重な体験として
今一度、自分の故郷を思い返してみよう。
【本書帯文より】

このページの先頭へ