*Happy LIFE*

はる的ハッピーライフな絵日記

なんでもない普通のことが本当の幸せだったりするもんなのです。
まぁいいじゃん。焦らず行こうよ♪
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
しばらくお休みです
なんだか気持ちがダウン気味で何を書いていいのか上手くかけないな。

書きたい事は一杯あるんだけれど、それがどうも文章にならないです。

また落ち着いたら書きはじめたいと思います。

★リンクを張らせて頂いている皆さんへ★

時々伺わせて頂いてます。がコメント残さずですみません
でも、いつも楽しみにして読ませていただいています
素通りのご無礼をお詫びします
また近いうち復活すると思うのでこれからも宜しくお願いします♪







| はる | - | 00:45 | comments(90) | trackbacks(154) |
だってそう聞こえちゃうんだもん


いつだったかな
私がまだ中学生くらいの頃に2つ下の妹が唐突に

「ねーねー お姉ちゃん。小田急線って オバQ線って聞こえるよね?」

と言われた時から私の耳は小田急をオバQと認知してしまう様になってしまった。

あれから大分時を重ねてまいりましたが

いまだに聞こえるんだよね

小田急線が オバQ線って!!

何度聞いても

小田急線が オバQ線

恐らく私の残りの人生ずっと

小田急線を オバQ線

って聞こえるライフを送るんだろう。。。な。



と言うか、妹よ。
お姉ちゃんがこんな事になってるとは想像もつくまい。
| はる | ひびのこと | 23:42 | comments(12) | trackbacks(0) |
チョットマテヨ?


最近こういうシチュエーションが多いんですが。。。
嗚呼、やっと私も大人の仲間入りですわね。オホホホ

と、言う訳で最近大人になったと自覚する瞬間ベスト3

,ごってもらえなくなった。または、端数までキッチリ徴収される
 (っていうか「じゃあ女性は2000円でいいや」って時も
  「いや、ちゃんと払いますよ」と言うと断られない。Σ(゚□゚ノ)ノエエ!?
   っていうか、っていうか〜逆に多く出すことになっている。
   っていうか、っていうか、っていうか〜〜お釣りが戻ってこない事もある)

∩ってもらえなくなった(あんたは平気と自他共に認められている)
 実際平気ですが(笑)

初対面の人には結婚しているという前提で話しをされる(独身ですが?)
 もしくは、結婚してないことがわかると「結婚しないんですか?」
 と切り出される(爆)
 すでに、見た目が適齢期過ぎてるんだね(*'ー'*)きゃはっ♪

ま、そんなベストだかワーストだかわからん3(スリー)は置いといて。
アレだ。

ヤングな私よサラバ!って感じ?

ちょっと待てよ?何か大人云々よりも女として見られているか?
ってことを考えるべきなのか?
ま。いっかo(*^▽^*)o~♪

あ。そうそう。
全国のおごられ上手なお嬢さんがた?
自分で飲み食いしたものはせめて払う素振りくらいしましょうね(-_-#)
| はる | ひびのこと | 23:33 | comments(12) | trackbacks(0) |
癒されたい?


確か前は苔玉に心を奪われたなぁ〜
枯らしちゃったけれども^^;

疲れる→植物に心を奪われる→購入→しばらく癒される→そのうち枯らす
※これの繰り返し

この方程式を直さない限り植物を買うのを控えようと
ただ今、我慢中(笑)


| はる | ひびのこと | 23:59 | comments(8) | trackbacks(0) |
通る道?


今日はカラリと晴れてとっても気持ちいい日でしたぁ〜
を通り越して暑かった(〃゚д゚;A
もう、夏だねこりゃ。

そろそろストーブ仕舞って(←まだ出てる)扇風機出動しなくちゃ

やっぱり扇風機だしたら、アレだね。
アレをやらなくちゃ始まりませんヨ

さあ、みなさん ご一緒に
扇風機のスイッチを入れて

「あ”〜〜〜〜〜」
| はる | ひびのこと | 00:29 | comments(8) | trackbacks(1) |
何を考えているヾ(。`Д´。)ノ


今日外から帰ってきたら私の家の前を犬の散歩をしている
おばさんを見かけて、まさかやらんだろうな
と思っていたら、やぱりやってくれた!!
人の家の玄関先で犬にシッコさせてるしΣ(゚□゚ノ)ノ
そりゃ家は一軒やじゃなくてアパートですが?
隣の家の声が筒抜けの木造ですが?
冬なんか隙間風が吹きますが?
それがどうした!!ヾ(。`Д´。)ノウリャー
だからって、させていいわけないでしょうが!!!
いったい何を考えている(怒)
すかさず、おばはんに
「ちょっと!そこ 人の家じゃないの!そんな所でさせないで下さい!!」
って言ったら完全無視。(プラス じろりと睨み返してきた)

シンジラレナイ。
| はる | ひびのこと | 01:25 | comments(9) | trackbacks(0) |
かなりキクぅーーー


足の疲れにはこれ!すごく効きます
普段縮こまっている足の指をぐぐぐぅ〜〜〜っと
もう無理!ってくらい開きます
慣れないと最初痛いんだけれども
この、痛さが何故か痛気持ちいい(≧▽≦)
家にいるときにこれをつけて歩き回ったり(最初は本当に痛いです)
防水になっているからお風呂にもこのまま着けた状態で入れます
刺激されて足の血行がよくなっているのか足が軽くなって
かなり病みつき(笑)
実は10何年も前から使っていて、旅行なんかで歩き回ったときは
旅先でこれで足の疲れを回復したりしていました。私にとっては必需品!
何回か引っ越したりして今手元になかったので
今回新しく新調してみました(*'ー'*)
久々に使ってみて

あぁ〜〜効くゥ〜〜〜〜

↓ネーミングもかわいい(笑)
| はる | 美と健康へのそんな野望とか | 00:37 | comments(17) | trackbacks(1) |
アクティブ割り増し


ほぼ1ヶ月ぶりのこんばんみ。
あやうくここのブログを消滅させるところでした(笑)

ここのところ超ハードです公私共に。
前にウクレレを始めたと書きましたが
そのタイミングで、以前の勤め先の上司が独立して
2LDKの部屋をオフィスに借りたので広すぎると判断して
(本当は優先的に仕事をもらうためでもあるんだけれど)
私の仕事場も自宅から、そこへシフト。
毎朝決まった時間に出かけています。いや〜やっぱり
仕事は仕事プライベートはプライベートで別けないと
気持ちの切り替えのためには必要だわね
改めて思い知りました(笑)
でも、朝出かけて日が変わるちょっと前に帰宅だから
ほとんど家に居られないですが(〃゚д゚;A
それでもって、始めたウクレレの毎日の練習。
おまけに通っているウクレレ教室のメンバーのまとめ役になってしまい
連絡メールを携帯でピコピコ。。。(←めちゃくちゃ打つの遅い)
音楽始めたから他の人の演奏とかが気になりだしたりして
先生のライブとか教室のOBのステージとかを見に行ったり
(この前お台場のハワイフェスティバルで一曲だけ私も出ました(*'ー'*))
教室がある日以外にも自主練習会があったりと
まぁとにかく、仕事とウクレレで毎日日が暮れています。
今までは仕事で日が暮れていたけれど、そこにウクレレが入って
今の私はかなりアクティブ(笑)




| はる | ひびのこと | 00:22 | comments(11) | trackbacks(0) |
ドびっくり


3月31日に第一回目のウクレレレッスンに行って来ました
初回はウクレレの持ち方と『C』と『F』と『G7』のコードの押さえ方を習いましたo(*^▽^*)o~♪
次回はちゃんとした曲『森のくまさん』をやるので、毎日ちょっとずつ練習中です。




なかなか練習する時間がとれなくて、結局深夜に遠慮しながら
小さく小さく音を出す感じで練習です。
でも、ときどき意図しないところでビィ〜ンとデッカイ音がでちゃって

かなり

ドびっくり
| はる | うくれれのこと | 18:30 | comments(32) | trackbacks(0) |
気分転換にサッパリ


だいぶサボってしまった。。。
知らないうちにコメントする時にややこしいことになってたよ(笑)

ここのところ仕事が詰まっていて夜になるとプチ放心状態。
「はぁ〜」とため息の数も増加。意味も無く椅子の上で体育座りして
キーコーキーコーです(笑)

気分転換に長かった髪をバッサリ切ってショートにしました
あぁ〜〜スッキリ(≧▽≦)





| はる | ひびのこと | 01:36 | comments(4) | trackbacks(1) |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>


tuna.beが表示されない場合は
こちらから最新のFlashPlayerを
ダウンロードして頂くことを
オススメします(Free)


小春さんをクリックすると
なんかシャベリます♪
特技はゴロ寝なの。

紹介日記はこちら

記憶の中の色彩―忘れかけていた想い出
記憶の中の色彩―忘れかけていた想い出 (JUGEMレビュー »)
鈴木 純

詩や手紙や文章を書くのが好きな母が
書き溜めたものが出版されました。
幼い頃過ごした故郷秋田での想い出を
小さな女の子だった時の母の目線で
秋田弁を交えて綴ったエッセイです。

戦後日本の復興と発展の中を生きてきた著者が振り返る、
生まれてから15年間過ごした故郷での想い出。
裕福ではないが、家族の温かみと幸せがそこにあった。
迷える現代人にこそ読んでもらいたい一冊。
【日本文学館内容紹介文より】
あの幼少の頃の想い出の紐を手繰ってみると、
いろんな思いが蘇ってくる。
そんな思いを懐かしく、また、貴重な体験として
今一度、自分の故郷を思い返してみよう。
【本書帯文より】

このページの先頭へ